「ユンタ」は、沖縄県の八重山列島に伝わる民謡の形式のひとつで、男女が交互に歌う労働歌である。
「安里屋ユンタ」は、琉球王国時代の竹富島に実在した絶世の美女・安里屋クヤマ(1722年 - 1799年)と、王府より八重山に派遣され、クヤマに一目惚れした目差主(みざししゅ。下級役人)のやり取りを面白おかしく描いた歌である。
(Wikipediaより)

1st,2ndとFのキーをCのハーモニカで吹くパターンの、計3パターンの音域で演奏可能な曲です。
FのキーをCのハーモニカで吹くパターンが一番簡単に吹けそうなこともあり、動画ではそのパターンで吹いています。
沖縄に旅行に行くと かなりの確率で聴く事になるであろう沖縄民謡ではメジャーな一曲かつ名曲です。

おすすめの記事
■2章【2-2】ハーモニカを吹く人だけがハーモニカ部の部員である必要はない。むしろ、そうでないほうが良い。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■2章【2-2】ハーモニカを吹く人だけがハーモニカ部の部員である必要はない。むしろ、そうでないほうが良い。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
☆目次・概要ページはこちら☆ 2章 ■ 部活、クラブを作る、部活として活動する意味、目的 2-1 部活、クラブを作る、活動する意味、目的。メ...