「ユンタ」は、沖縄県の八重山列島に伝わる民謡の形式のひとつで、男女が交互に歌う労働歌である。
「安里屋ユンタ」は、琉球王国時代の竹富島に実在した絶世の美女・安里屋クヤマ(1722年 - 1799年)と、王府より八重山に派遣され、クヤマに一目惚れした目差主(みざししゅ。下級役人)のやり取りを面白おかしく描いた歌である。
(Wikipediaより)

1st,2ndとFのキーをCのハーモニカで吹くパターンの、計3パターンの音域で演奏可能な曲です。
FのキーをCのハーモニカで吹くパターンが一番簡単に吹けそうなこともあり、動画ではそのパターンで吹いています。
沖縄に旅行に行くと かなりの確率で聴く事になるであろう沖縄民謡ではメジャーな一曲かつ名曲です。

おすすめの記事
平日フリータイム(9:00~20:00)ドリンクバー付きで385円(税込)(持込可)なカラオケ(まねきねこ)が愛媛県に密かに爆誕していて日本最安値、いやこれは世界最安値なコスパな施設だと感じた2020年7月。
ハーモニカと暮らし、生活、社会、経済、仕事
平日フリータイム(9:00~20:00)ドリンクバー付きで385円(税込)(持込可)なカラオケ(まねきねこ)が愛媛県に密かに爆誕していて日本最安値、いやこれは世界最安値なコスパな施設だと感じた2020年7月。
これまでのハーモニカ紳士のカラオケ経験 最安値は638円(税込)でしたが (カラオケBanBan行橋店。昼間平日フリータイム(10:00~2...