「ユンタ」は、沖縄県の八重山列島に伝わる民謡の形式のひとつで、男女が交互に歌う労働歌である。
「安里屋ユンタ」は、琉球王国時代の竹富島に実在した絶世の美女・安里屋クヤマ(1722年 - 1799年)と、王府より八重山に派遣され、クヤマに一目惚れした目差主(みざししゅ。下級役人)のやり取りを面白おかしく描いた歌である。
(Wikipediaより)

1st,2ndとFのキーをCのハーモニカで吹くパターンの、計3パターンの音域で演奏可能な曲です。
FのキーをCのハーモニカで吹くパターンが一番簡単に吹けそうなこともあり、動画ではそのパターンで吹いています。
沖縄に旅行に行くと かなりの確率で聴く事になるであろう沖縄民謡ではメジャーな一曲かつ名曲です。

おすすめの記事
ベートーベン 第九(歓喜の歌)☆超手書き ハーモニカ ドレミ楽譜 ☆ ~ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番(こうきょうきょくだい9ばん)ニ短調作品125(ドイツ語: Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125))
ハーモニカ譜、ハーモニカ譜動画
ベートーベン 第九(歓喜の歌)☆超手書き ハーモニカ ドレミ楽譜 ☆ ~ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番(こうきょうきょくだい9ばん)ニ短調作品125(ドイツ語: Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125))
ベートーベン 第九(歓喜の歌)の ☆超手書き ハーモニカ譜(ブルースハープ)です。 10穴ハーモニカの4番か3番穴あたりを、3つの穴が混ざる...