毎回恒例の、初心者の人も「こんな感じでいいなら自分で耳コピをやってみようか」と思えるようにという趣旨の、
超手書き仕様・ハーモニカ(10穴)ドレミ楽譜です。

「3」が原曲と同じ形です。
最初「1」の脳内記憶(うろ覚え)で書いてみて、
その後「2」の形で微妙に勘違いをして変更し、最後「3」の形におさまった感じです。
他の投稿者さんのピアノ動画がなければ「3」に辿り着けなかった気がします(最後はもう鍵盤を見て採譜していました)。

少し聴いただけでメロディや音程が判別できる「音感」が欲しいと強く思うこのごろです。
子供のころにピアノをやっていた人はやはり強いです。

ただ、「1」「2」も、「原曲を忠実に再現する」という趣旨でなければ、それぞれ正解だと思います。
実際、歌を楽器演奏でカバーしているCD等を聴いても原曲通りでなく微妙に(時にはだいぶ)変更しているものがほとんです。

おすすめの記事
■1章【1-5】色々考えた末、「部活を創らない」、「創れなかった」という結果となってもそれはそれで素晴らしい。「テヘッ」と思う大切さ。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■1章【1-5】色々考えた末、「部活を創らない」、「創れなかった」という結果となってもそれはそれで素晴らしい。「テヘッ」と思う大切さ。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
1章 ■ ハーモニカ部を作る(創る)まで 1-1 新しい部活を作るまでの流れ。 1-2 新しい部活を作る意義、必要性のある人。 1-3 ハー...