底なしブルー / クロマニヨンズ ☆超手書き☆ ハーモニカ ドレミ 楽譜 with ギター コード

クロマニヨンズの曲の中で一番か2番目(この曲かペテン師ロック)にカッコいいハーモニカでは ないかと思う曲です。
CなのかDなのか、はたまたFなのか それ以外のキーのハーモニカなのか、とても悩みました。
おそらく、原曲 Am の、(Am=Cと考えて ファーストポジション) (ナチュラルマイナーポジション)なら「C」のところを「D」を使って吹いているというのが正解だと思っているのですが、「G」のハーモニカを使って 前奏の吹き始めを「4 ④⑤ ⑤ ④」と始める"3rdポジション"の形が正解の可能性も今になって浮上してきています。これだと一番簡単に吹けます。
サードポジションはマイナーブルースの曲に使われるという事もあって、この「底なしブルー」がマイナーブルースな曲という事も理にかなっています。
ネットで検索して調べた限りでは、甲本ヒロトさん本人がライブで「Dを使っている」と言っていたという書き込みもあり、
音源で聴こえる吹き回しの感じが「D」が一番しっくりくるのでDだと信じたいですが、今の所 答えは闇の中です。

 

おすすめの記事