モネの池(名もなき池)に学ぶ事。「名所」「観光地」の誕生の瞬間。

昔からそこにあった。

誰かが投稿したSNSの写真が火種となって今は岐阜県の代表的な観光地、名所の一つにもなっている通称「モネの池」。
「名もなき池」とあるように元々そこにはこの池は存在していて、特に観光地でも名所でもなかったというところから、いろいろと考えるものがありました。
現在の「モネの池」と同じ景観の池になったのは1999年だったとの事で、SNSによるブームが2015年に起こったようです。


地元の人にとっては「普通」であってその価値や素晴らしさに気付かないという物事は結構あるように思います。

そしてモネの池と同じように、
こんなに素晴らしいのに誰にも知られていないという場所が、
まだ日本にはきっといくつもあるはず・・・

ソウイウ場所ヲ見ツケラレル人ニボクハナリタイ。(宮澤賢治の"雨ニモマケズ"風に)


音楽でいうところの「曲」もきっと同じだと思います。
大きく取り上げられれば有名な「名曲」となり、
名曲であるのに その存在を知ることが出来ていない曲というものがきっとたくさんあるはずだと思うのでありました。

おすすめの記事
ハーモニカ不動産 #011 東京のゲストハウスが意外にも1泊1000円~1500円で 泊まれる事により、ちょっと1ヵ月だけなら「3~4万円」で東京で暮らせる (過ごせる)可能性。 Booking.com
ハーモニカと練習場所、住環境、賃貸、別荘、空き家、不動産
ハーモニカ不動産 #011 東京のゲストハウスが意外にも1泊1000円~1500円で 泊まれる事により、ちょっと1ヵ月だけなら「3~4万円」で東京で暮らせる (過ごせる)可能性。 Booking.com
宿泊施設の相場については、意外と都心ほど安かったりします。 おそらく需要と供給のバランスで、ゲストハウス、宿泊施設の激増よる価格低下ではない...