いつもながらの"生々しさ"、英語で言うなら"Raw"らしさを大切にした、超手書きハーモニカ譜(10ホールズ、ブルースハープ)です。
日本国民なら誰もが知っている曲です。日本の国家ですと言って、海外の人に吹くのも乙な気がします。
下段で吹いた場合、原曲と同じ高さのキーです。

個人的には、上段で吹くと 平安時代っぽい昔々の日本のような雅な雰囲気が出て好きです。

君が代の歌詞の意味を実はあまり理解していなかったのもあって、
何となく「天皇陛下万歳」「天皇陛下の世こそ永遠なれ」という軍国的な雰囲気の名残を感じていたのですが、

改めて調べてみて、相当シンプルに意味を説明すると

~あなたのこの素晴らしい世界が、千年、万年と・・永久(とわ)に続きますように~

と、やはり昔の日本の和歌などに通じるものを感じ、
上段の⑥スタートで吹くとその雰囲気がとても出て、君が代の印象が一気に変わった瞬間でもありました。
テレビなどではとても重厚に力強く演奏している印象でしたが、
ゆっくりと儚げに吹くのが、この曲の本来の良さを引き出しているのではないかと思いました。

ぜひ、初心者ベテラン問わず ハーモニカ吹きのみなさんに 吹いてみてほしい曲です。

※正確に歌詞の意味を書くと、これとはいくらか違う部分もあります。が、細かい部分は人によって「自分はこうだと思う」と解釈して良いと思います。

動画はまだ未アップで、機会があればUPしたいと思っています。

(下のほうの「春が来た(童謡)」は余ったスペースに書いたもので、特に君が代との関連性はありません。)

おすすめの記事