ハーモニカと花粉症と"シダキュア"3年目の効果 (舌下花粉免疫療法)

開始時と1年目と2年目のシダキュア (舌下花粉免疫療法)効果の記事はこちら。

・ハーモニカと花粉症と"シダキュア"2年目の効果 (舌下花粉免疫療法)

ハーモニカと花粉症と"シダキュア"1年目の効果 (舌下花粉免疫療法)とマスク

・ハーモニカと花粉症。「舌下免疫療法」始めました。

 

"結論":引き続き効果がありました"

 

ハーモニカ吹きにとって演奏のパフォーマンスに大きく影響してくる「花粉症」。

そんな花粉症を改善すべく「シダキュア」という舌下療法を2019年5月ごろから始め、
3年目(3年弱)となる今回のスギ花粉のシーズン・・・

今年は11月ごろからは服用する量を減らして
2日に1回1錠(通常は1日1回1錠)を服用する形、
また、3月4日にシダキュアの残りがなくなった時点で服用をいったん終了という形で花粉症の季節にのぞみました。

この状態で、ほぼ去年と同じ感覚
(全く出ていないというわけではないけれど、例年の1割程度の症状で、においも普通に分かるくらいのレベル。この季節に室内のにおい、屋外のにおいを去年に続き感じる事ができる事の喜び。)
(↑花粉症用の目薬は使用しているという過ごし方での症状具合。)

でした。

 

1日1錠飲み続けるというだけの習慣ではありますが、約3年間続けてこられた自分を褒めたいと思います。

また、自分の体に根底的な部分で変化を与える事が出来た事に、人体の神秘も感じています。

この体験に感謝しつつ、来年のこの時期は花粉のない地域への中長期滞在や引越しの可能性がある点と、
引き続き花粉のある地域に住んでいる場合は辞めた場合の効果の持続・定着の検証をするという意味を込めて、
一旦シダキュア療法をお休みし、
花粉のある地域に住んでいた場合は その検証の記事をUPしたいと思います。

おすすめの記事
ベートーベン 第九(歓喜の歌)☆超手書き ハーモニカ ドレミ楽譜 ☆ ~ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番(こうきょうきょくだい9ばん)ニ短調作品125(ドイツ語: Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125))
ハーモニカ譜、ハーモニカ譜動画
ベートーベン 第九(歓喜の歌)☆超手書き ハーモニカ ドレミ楽譜 ☆ ~ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番(こうきょうきょくだい9ばん)ニ短調作品125(ドイツ語: Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125))
ベートーベン 第九(歓喜の歌)の ☆超手書き ハーモニカ譜(ブルースハープ)です。 10穴ハーモニカの4番か3番穴あたりを、3つの穴が混ざる...