ハーモニカの演奏では、演奏中に鼻からの呼吸でも息つぎをコントロールするため、
花粉症の時期になると、演奏パフォーマンスに結構影響してきます。

アドレナリンの関係で、運動中は花粉症の症状が一時的に消えるように、
一生懸命ハーモニカを吹いているとその間だけは花粉症が収まったりもしますが、
ハイテンションな曲ばかりをずっと吹き続けるという事もそうそう無いと思うので中々難しい問題です。

そのような理由と、純粋に花粉症の時期の普段の生活も快適に過ごしたいという気持ちから、

「舌下免疫療法」という方法での花粉症の治療を始めました。

シダキュアという錠剤(粉を固めたようなもので口に入れたらすぐ溶ける)を舌の下に入れて溶かして吸収して、
スギ花粉に体を慣れさせてアレルギーが出ないようにするというものです。
スギ花粉が入っているのか、スギ花粉のアレルギー成分が入っているのかは分からなかったです。

スギ花粉の花粉症の時期には副作用的な理由から始められないようで、
始めるには6月~12月の間に開始しないといけないようです。

効果が現れるのは2~3年かかる事もあり、
運が良ければ次の花粉症の時期(2020年の2月~4月)に効果も出てくれるという事で、
実際効果が出るのか試してみるという気持ちでやってみました。

80~90%の確率で改善が期待できるようなので、次回の花粉症の時期に効果がある事を祈りながら続けたいと思います。

費用については、1ヵ月あたり約2000円(国民健康保険適用時)となりそうです。

ただ、改めて領収証を見てみると、
薬代以外の費用も結構かかっていると感じ、
(1点=3円)(国民健康保険適用時)

初回に7日分、その次に14日分、その後は1ヵ月分というスケジュールとなる病院が多いと思うのですが、

処方の量におそらく法律的な限度は設けていないと思うので、
1ヵ月のスケジュールになってからは病院側にお願いをして、
なるべく多い期間の量(2か月分、3か月分、6か月分・・など)を処方してもらう形が良いと思いました。

次回、薬を処方してもらいに行くときはそのように頼んでみようと思います。

 

 

おすすめの記事