タイトルの通り、YouTube のチャンネルを「個人アカウント」から「ブランドアカウント」に変更してみました。
それに合わせて、アカウントの名前も一部(Harmonica 遊び→ Harmonica shinshi)に変更しました。

~個人アカウントからブランドアカウントへの変更方法の説明はこちらのYouTubeのヘルプページに載っています。~

だいぶ以前から変更しようかどうかと考えていたのですがずっと保留にしていて
一番怖いのは、

「何かエラーが起きてチャンネルごと、動画も合わせて全部消えてしまうのではないか??」

という部分でした。
過去にチャンネルが消えたり、パソコンのデータが全部消えたり、大事な荷物が紛失したり・・などのような経験がある人ほどその恐怖心が芽生えやすいと思います。

そして、ヘルプページの説明通りに進めたところ、無事に移行できました。

移行した事による影響はほとんどなかったのですが唯一、

"動画を見た人が入れてくれたコメントは残り、移行前にこちらが入れていたコメント(自分の動画、他のチャンネルの動画へのコメントも)が全て消える" 

という仕様でした。
動画の質問に対するコメントはこちらが返信した時点でコメントとしてのその役目を果たしていたと思い、"やむなし"としたいと思います。

ブランドアカウントにするメリットは、複数人で動画活動をする場合に、役割分担がしやすいという点なのですが、
それを実践するのは敷居が高く(特にコミュニケーション的な面、というかむしろその点こそが)、
ハーモニカ紳士もブランドアカウントの恩恵を活用できる事になるかどうかはまだ分かりません。

以前から考えていた事は、ハーモニカ紳士≒ガチャピンという構図で、
テレビでガチャピンが様々なジャンルで凄技を披露していくコーナーがあって、タネをあかすと中の人がその時その時で変わっているという事なのですが、
それと同じようにハーモニカ紳士の中身も必ずしも同じでなくても成り立つと思っていました。
例えば現時点でも、これまでのハーモニカ紳士の中身は全て同じ人か、1回くらいは違う人の時もあったか?というクイズが出された時、結構答えは「分からない」となるのではないでしょうか?

また、その勢いで「YouTube Premium」にも登録してみました。

多少の広告表示は許容範囲だったのですが、 個人的に「TikTok」 の広告だけには強いストレスを感じてしまっていたのが登録するきっかけでもありました。
この広告にはなぜか「興味なし」などを選択できず、YouTube側のPremiumへの加入をうながす戦略なのではないかとも感じてしまいます。

YouTube Premiumのほうでも , Amazon Prime Music と 同じように音楽聞き放題サービスがあって、両者で配信されている曲が微妙に違っていたりするのが面白いです。
しばらく同時使用、いずれかはどちらかのみを・・という感じで使っていきたいと思います。

また、YouTubeのおすすめ動画や関連動画には有名なユーチューバーの動画ばかりが表示されるようになって、
個人の作る動画や、マニアックな方面の動画に魅力を感じる側としては、もっとランダムに、埋もれた良動画を発掘できるような表示のされ方に設定できるようにする機能も付けて欲しいと思うこの頃です。

対策としては、表示して欲しくないユーチューバーを「ブロック」する。
チャンネル登録を ハーモニカ、harmonica やその他自分の好きなジャンルに関するチャンネルを登録していくという事を続けていく、
あとは表示して欲しくない動画にひたすら「興味なし」ボタンを押していくと、
関連動画、オススメ動画に 自分の好みの属性に近いものが表示されるようになっていきます。

おすすめの記事