日本とラオス(東南アジア)の直行便 (飛行機) が始まる、しかも熊本空港から。

東京などの大都市の空港ではなく、
なんと「熊本空港」という地方都市の空港からという個人的にとても嬉しいニュースでした。

LCCなのか、JAL,ANAなどの正規料金の便なのか、
日本からLCC(格安航空)を利用して、タイ経由でラオス入りで約35000円~、
韓国や台湾経由でおそらくそれくらいの価格となると思うので、
直行便だとどれくらいの価格になるのかによって
同じくらいか、+10000円くらいの範囲でおさまってくれたらと自分的にはぜひ利用したいと思っています。

ここ最近の日本と韓国との関係悪化の影響で、
大分空港から韓国を結ぶ国際便もまさかの運休(復活の有無や時期 未定)という事態になってしまいました。
しかも国際線のターミナルを増築したばかりというこのタイミングで、国際便がゼロになるというこれでもかというくらいのタイミングの悪さ・・・

「大分→ 韓国(ソウル)→ タイなどの東南アジア」
という経由での東南アジア入りをすれば、
料金はそこまで変わらず、1回当たりの飛行機に乗る時間が1~2時間少なくて済むという、
自分のような乗り物酔いの傾向がある人にとってはメリットのある方法を模索していただけにとても残念です。

大分空港と台湾を結ぶ便や、
熊本空港のようにまだ日本との直行便のない東南アジアの空港との直行便が誕生してくれる事を切に願いたいと思います。

おすすめの記事
■2章【2-4】「部活タイプ」の人と「サークルタイプ」の人。どちらも大切。多様性を受け入れる。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■2章【2-4】「部活タイプ」の人と「サークルタイプ」の人。どちらも大切。多様性を受け入れる。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
☆目次・概要ページはこちら☆ 2章 ■ 部活、クラブを作る、部活として活動する意味、目的 2-1 部活、クラブを作る、活動する意味、目的。メ...