ベンドのハーモニカ(ブルースハープ)講座的動画をようやくUPしました。

10穴ハーモニカ(ブルースハープ、テンホールズ、ブルースハーモニカ)を一番象徴するテクニックなだけに、
どういう風に伝えたらよいかと考えるうちにずっと後回しになっていた「ベンド」のレッスン的動画をようやくUPする事ができました。知りうる限りのことは全て動画内に詰め込んだつもりですが、もし補足的な事があった場合はまた改めてUPしたいと思います。
今回は時間が長かった分、動画編集も結構大変で丸2日くらいかかりました。

ハーモニカ講座的な動画を動画サイト( You Tube )で見ていると、一番多いものだと30万再生くらい(日本国内の場合。海外だと300万回~500万回くらいの動画もあり。)再生されているものもあり、
ハーモニカを全く吹かず解説のみの動画、ハーモニカをそれほど吹けるわけではない人の解説動画でも10万再生以上されているものもあり、プロのハーモニカ講師の解説動画以上に再生されているのに悔しさ的なものも感じますが、勉強になるものもあります。
また、10穴ハーモニカの解説動画が30万再生もされているという事は、10穴ハーモニカ使用者が日本中で10万人以上はいるという事なのか、どうなのかと、ハーモニカ人口の潜在可能性というものも感じるのでありました。

ちなみに、日本のギター演奏者人口は 約650万人、ピアノ演奏者人口は 約200万人というデータがあるようです。

 

おすすめの記事
■2章【2-4】「部活タイプ」の人と「サークルタイプ」の人。どちらも大切。多様性を受け入れる。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■2章【2-4】「部活タイプ」の人と「サークルタイプ」の人。どちらも大切。多様性を受け入れる。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
☆目次・概要ページはこちら☆ 2章 ■ 部活、クラブを作る、部活として活動する意味、目的 2-1 部活、クラブを作る、活動する意味、目的。メ...