アイドルのライブがエアー歌唱(口パク)で成り立つ事から学ぶ、ハーモニカのライブも「エアー演奏」で成り立つ可能性。

一般に「アイドル」の位置づけとなるアーティストたちは
ライブやコンサートでは実際は歌っていなくてエアー歌唱(口パク)が基本だという事実を数年前に知りました。

当時は「それってアリなのか?」「観客に対する冒とくなのではないか?」
という、いわゆる「反則」という感情を持っていて、
じつは今もまだ持っているのですが、
実際にライブに行っている観客がそれで満足しているのが「答え」だと思うようにしました。

また、難しいダンスを同時に踊ったりもしているので
それと同時に完璧に歌うというのはそもそも人間離れした才能が必要な神技というレベルなのかもしれません。

それで思ったのが「ハーモニカ」の演奏もライブでエアー演奏をした場合、
「はたして観客はエアー演奏だと気付くのだろうか?」という事でした。
小さなバーやカフェ程度だとおそらくばれるとおもうのですが、
アンプからの音量しか聴こえないくらいのある程度の大きさのライブ会場や路上ライブなどの場合、
意外とばれないような気がしています。

それこそまさに「反則」なのですが、
幸いハーモニカは口に付けて吹いている様子が、見ていて実際どう吹いているか分かりづらいので(特に10穴ハーモニカ)エアー演奏にはかなり向いている楽器だと思います。
見ている人が気付くのかどうか、一度試してみる価値はある内容だと思っています。

【過去にUPした ハーモニカ紳士による エアーハーモニカ演奏動画↓】

おすすめの記事
■1章【1-2】新しい部活を作る意義、必要性のある人。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■1章【1-2】新しい部活を作る意義、必要性のある人。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
1章 ■ ハーモニカ部を作る(創る)まで 1-1 新しい部活を作るまでの流れ。 1-2 新しい部活を作る意義、必要性のある人。(現在このペー...
■2章【2-2】ハーモニカを吹く人だけがハーモニカ部の部員である必要はない。むしろ、そうでないほうが良い。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■2章【2-2】ハーモニカを吹く人だけがハーモニカ部の部員である必要はない。むしろ、そうでないほうが良い。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
☆目次・概要ページはこちら☆ 2章 ■ 部活、クラブを作る、部活として活動する意味、目的 2-1 部活、クラブを作る、活動する意味、目的。メ...