フリードスパイクで約1ヶ月かけて車中泊しながら本州をほぼ1周したルートの記録

2020年06月01日~07月09日まで行ってきました。
新型コロナの規制緩和とコロナ渦の自身の仕事と生活様式のバランスの関係から
「今しかない」という本能に導かれ、
大分県~青森県の最北端かつ本州の最北端・大間崎へ、
なるべく有料高速道路は使わずに、愛車である "普通の車に見えて実はしっかり車中泊できる自動車"「フリードスパイク」でひたすら地道に進んでいきました。厳密には全く同じではないですがほぼ上図のルートでした。
1回の道中ではこれまでで圧倒的な最長距離、合計走行距離:約5900km で 十分「旅」といえる道のりだったと思います。
宿泊は全て車中泊(何度かゲストハウスやホテルへの宿泊も迷いつつ結局全て"道の駅"での車中泊。入浴は各地の温泉、スーパー銭湯、銭湯にて。)でした。

【意味・意義や理由・目的】
1.フリードスパイクの弔い(生前葬。)(この車に乗る本来の意味の実現。)
2.西遊記のような旅がしたかった(出発時点では終わりがいつになるか予想が困難で、第一の目的が"遥か遠くの目的地を目指す"という旅。)
3.まだ一度も訪れた事のなかった東北地方への到達
4.全都道府県訪問の達成

【おおまかに決めていた内容】
・第一のゴール:本州最北端の大間崎(青森県)、第二のゴール:本州最東端(岩手県・魹ヶ埼(とどがさき))、第三のゴール:高知県の柏島とする。
・まだ訪れた事のなかった都道府県(山形、秋田、青森、岩手、宮城、福島、栃木、和歌山、高知)へは必ず訪れる。
・無理してまで(気持ち的に)各地の有名観光地へは行かない。
・旅中に最低一度は登山をする

「全都道府県訪問の達成」という部分については、
その都道府県を「訪問した」と言えるかどうかの自身の中での線引きは
下記のうちいずれか2つに該当すれば訪問したと言えるという事にしました。

・その都道府県で1泊する
・その都道府県で1円でもお金を使う
・その都道府県で一度でも車から降りて行動する

その他のルールとしては、
北海道、沖縄、九州全県は それぞれ以前に ほぼ1周した経験があるため 今回の旅では訪れない。
「夢と魔法のワンダーランド(ディズニー)は"千葉県"扱いとする」という事で千葉県はすでに訪問済みという事にしました。

心情的には、
自身の中で神曲の一つである合唱曲"夜汽車"の歌詞より
「素直になれなかった日々の記憶
一つ一つの駅に残して
終着駅に降りる時
昇る朝日を美しいと思うだろうか」

にならって、

「素直になれなかった日々の記憶
一つ一つの道の駅に残して
終着点で車を降りる時
そこで見る景色を美しいと思うだろうか」

という心情で、
また、

沖縄では「魂」を落としてきたというような表現があり、
その落としてきた「魂」的な何かを少しずつ拾いに行ってきた、
という心情もイメージしつつ(特にそんなたいそうな経験があったわけでもないのですが)
車を進ませていました。

聴きたくなる音楽も音楽も各地で変わり、
端折っている部分もありますがおおまかには、
別の人の彼女になったよ(WACCI)→WACCI→奥華子→あんまり覚えてないや(ミスチル)→SHISHAMO→夏の恋人(SHISHAMO)→あいみょん→バックナンバー→星野源
という感じの流れでした。聴くのを封印していた曲、これまであまり聴いてこなかった曲、少し挑戦した新たなジャンルを聴こうとする心情が芽生え、
それまで普段好んで聴いていた曲はなぜか旅中は聴きたくなくなるという心境でした。

決して「旅って最高!」「リア充万歳!」「旅の様子や各訪問地の様子を面白楽しく伝えます!」
的な旅は出来ないし自分には合わない事は十分承知の上で
自分なりの形を大切にして進んでいきました。

ずっと気にかかっていた東北地方への訪問、
全都道府県の訪問、
フリードスパイクという車に乗る意味、最大限の活用方法(これでもかというくらいの車中泊旅をする事)、
を実践する事が出来て フリードスパイクも喜んでくれたのではないか、
これで もしこの先 ある日突然故障して もう乗れなくなってしまったとしても「十分やりきった」「悔いはない」と思えそうです。

おそらく他の人に例えるなら
「以前から取得したいと思っていた資格を取得した」
に近い感覚だと思います。

その資格を履歴書に書くように、
今回の記事にその事実のみを残して自分の「履歴」として残しておくだけで満足です。
今回の事やそれ以外の事でも、凄い事なのか そうでもないのか 自分でも分からなくなってきました。

「凄い or ちょっと凄いと思ってくれる人もいれば、全然凄くない or それほどでもと思う人もいる。そもそも興味がない人もいる。無駄な事だと思う人もいれば、とても意味のある事だと思う人もいる」というのが正解だと思うので
プラスの方面に感じ取ってくれる人、
自分と同じような事をしている人、しようと思っている人の事を想像して 発信したいと思います。

何か得るものがあったのか、自信につながったりしたかどうかは正直分かりませんが、
今回の事をやっていなければ、
おそらく「自信」の反対の感情(劣等感という言葉なのか何なのか)が増大したまま、またはさらに増大していたと思い、
今回の事でそれを減らす事が出来たのではないかと思っています。

合計のガソリン代、印象深かった事、
他 感じた事思い出した事があれば
また別の記事でUPしたいと思います。

おすすめの記事
1章■ハーモニカ部を作る(創る)まで【1-1】新しい部活を作るまでの流れ。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
1章■ハーモニカ部を作る(創る)まで【1-1】新しい部活を作るまでの流れ。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
1章 ■ハーモニカ部を作る(創る)まで 新しい部活を作るまでの流れ。 前回のこのコーナーのUPからだいぶ空いてしまいましたが、中学校・高校で...