「洗足学園音楽大学」 の "ワールドミュージックコース"

ハーモニカを学べる「音楽大学」が"ある"という事を最近に知り、個人的に 大ニュースかつとても嬉しいニュースでした。
10穴ハーモニカではないのですが、
「洗足学園音楽大学」 の "ワールドミュージックコース"というコースで クロマチックハーモニカ を学ぶ事ができるようです。
ちなみに「洗足(せんぞく」という初めて聞く人にとってインパクトのある名前は、大学のある場所の地名に由来しているようです。

そして同時に知ったそのコースのクロマチックハーモニカ 講師「和谷 泰扶」氏の コンサート動画。


1時間06分50秒あたりからの「子犬のワルツ(小犬のワルツ)(仔犬のワルツ)」の神演奏に感動しました。
「十八番(おはこ)」という言葉が深いと思い、その1曲のみを深く追及していくという大切さというものを改めて感じました。
自分も1曲でいいので「十八番(おはこ)」と言えるものを持っていたい、
これからハーモニカを始める人も持っていてほしいとも思いました。
(ゲームに例えるなら そのキャラクターのみが使える「専用魔法」「必殺技」のようなものです。)

おすすめの記事
■2章【2-4】「部活タイプ」の人と「サークルタイプ」の人。どちらも大切。多様性を受け入れる。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■2章【2-4】「部活タイプ」の人と「サークルタイプ」の人。どちらも大切。多様性を受け入れる。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
☆目次・概要ページはこちら☆ 2章 ■ 部活、クラブを作る、部活として活動する意味、目的 2-1 部活、クラブを作る、活動する意味、目的。メ...