多少原曲と違う部分もありますが、おおよそこのような感じです。譜画像の穴番号を基本に、和音(隣の穴の音を混ぜる)で吹くスタイルになります。
原曲通りのハイスピード&迫力で吹きこなすには、譜面を見なくても吹けるようになるくらいの練習が必要です。
まずは動画の演奏くらい吹けるようになるのを目指して、そこからさらに完成度を高めたり細かいテクニックの部分などを磨いていって欲しいと思います。

おすすめの記事
■2章【2-2】ハーモニカを吹く人だけがハーモニカ部の部員である必要はない。むしろ、そうでないほうが良い。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■2章【2-2】ハーモニカを吹く人だけがハーモニカ部の部員である必要はない。むしろ、そうでないほうが良い。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
☆目次・概要ページはこちら☆ 2章 ■ 部活、クラブを作る、部活として活動する意味、目的 2-1 部活、クラブを作る、活動する意味、目的。メ...