柳川優子 Yuko Yanagawa というプロの複音ハーモニカ奏者に、今とても注目しています。
しばらく以前にこの方の ZIGEUNERWEISEN(ツィゴイネルワイゼン)という曲の 神演奏動画を見てその存在を知る事になったのですが、
現在 1000曲プロジェクトという趣旨の元 1000曲の複音ハーモニカ動画をUPされていくという事で、
自分も見ているのですが "ちょっと吹いてみた" という形ではなく、ガッツリとしっかり 1曲完成された形の(演奏的にも映像的にも)演奏動画で、複音ハーモニカという楽器の可能性を最大限に引き出し、魅力を最大限に伝えているように感じ、動画を見ていてメラメラとくるものがあります。
複音ハーモニカというと どうしても "年配の方の楽器" というイメージがありますが、
この方の動画を見ていると、これからの若い世代や子供たちも、いくつかある種類のハーモニカの中から「どのハーモニカを使うか?」となった時に、"複音ハーモニカ"という選択肢をとる人たちが増えそうな 強い魅力を感じます。

ハーモニカ一本で伴奏もしっかりと、アルペジオ(分散和音)も使って入れているという所が特にすごく、
「ピアノやギターなどの伴奏があればそれに越したことはないけれど、なければないで自身で伴奏を入れられるから問題ない」
とも言える演奏スタイルがとてもカッコよく、ハーモニカ紳士的に一番あこがれるスタイルでもあります。

1000曲を達成される頃には、おそらくハーモニカ紳士は YouTubeのチャンネル登録者数的にもとっくに抜かれているだろうと今の時点で予知(予言)しておき、追い抜かれた時の喜びと切なさからくるであろう "精神的な大ダメージ" に今の時点から 備えておきたいと思います。

 

 

おすすめの記事
■2章【2-2】ハーモニカを吹く人だけがハーモニカ部の部員である必要はない。むしろ、そうでないほうが良い。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■2章【2-2】ハーモニカを吹く人だけがハーモニカ部の部員である必要はない。むしろ、そうでないほうが良い。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
☆目次・概要ページはこちら☆ 2章 ■ 部活、クラブを作る、部活として活動する意味、目的 2-1 部活、クラブを作る、活動する意味、目的。メ...