ハーモニカ不動産 #016 クラインガルテン「農業をしなくても良いクラインガルテン」 芸術・音楽の需要の可能性。

「クラインガルテン」

ドイツ語で小さな庭という意味で、
日本でも普及してきている「小さな戸建(25~40㎡のところが多いです) 付き貸し農園」です。

探すと全国に多くありますが、長野県で特に多い印象があります。

金額は 月2万円~5万円程度、平均で月3~4万円程度という印象です。

基本的に自然豊かな環境にあり、別荘的に暮らす事も可能で、普段は都市部に在住で週末通いされている方も多いようです。

ハーモニカくらいの楽器であれば問題なく演奏出来るであろう環境です。

自身も何度か申し込みを考えましたが、
農業をする事が第1の目的な施設なので、それに反するような利用(農業を第一に考えない心構えでの利用)をしては おおいに秩序を乱すおそれがあると思いとどまっています。

農業にもとても意欲があるという楽器演奏者、楽器練習者の方にはこれ以上ない環境だと思います。

そこで思い浮かんだのは、
「農業をしなくても良いクラインガルテン」 、
芸術・音楽など「アトリエ」「スタジオ」的な形での利用の需要の可能性もあるのではないかという事でした。
そのような施設が今後登場するのかどうか、見守りたいと思います。

おすすめの記事
■1章【1-3】【1-4】ハーモニカでなくても構わない。/ 全ての部活動は、最初は何もない所からの「創部」という形で始まった。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■1章【1-3】【1-4】ハーモニカでなくても構わない。/ 全ての部活動は、最初は何もない所からの「創部」という形で始まった。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
1章 ■ ハーモニカ部を作る(創る)まで 1-1 新しい部活を作るまでの流れ。 1-2 新しい部活を作る意義、必要性のある人。 1-3 ハー...