小型二輪自動車(MT)免許取得のため 自動車学校入校時に受けた運転能力適正&性格診断テスト(OD式安全性テスト)の結果です。
教官が生徒の特性を知るためのみのテストかと思っていたのですが
卒業時に結果を受け取る事が出来てサプライズ的に嬉しかったです。
ゲームのキャラクターのステータスのような感じで、見ていて楽しく内容もとても興味深いです。

下図の表のA~GまでがIQテストのような形(上の図と全く同じ図を選びなさいというような感じのテストです)で、純粋に頭の回転の早さや能力が試されます。
H~Pが性格的な質問に答えていく形で、大体どの答えを選べばどのような診断結果に結びつくか予想できるので良い診断結果をもらおうと思えばそうする事も出来ますが、免許の取得しやすさに影響することもないので、正確な診断結果をもらうために正直に答えたほうが良いと思います。

そして自身のその結果を見て、事前に知っていたら教官とのやりとりにドギマギしてしまいそうで、教習開始前にもらわず最後にもらう形で本当に良かったと思っています。
これから免許を取る人たちに向けての診断という事で、厳しめな結果を出す傾向になっているとは思いますが、
性格特性については「オールC」と最低ランクで、身体的健康度のみ最高ランクの「A」というあたりが逆に恥ずかしさを強調してくれています。
運動機能の結果はやや標準以下ですが まずまずという感じです。
この結果に落ち込まず「異論はない」と思える自分を逆に「成長したな」と褒めてあげたいと思います。

潔いほどの性格破綻ぶりが明らかになったハーモニカ紳士ですが
今後ともどうか末永くよろしくお願いいたします☆

ハーモニカ吹き、楽器奏者としてのこのような診断テストがあっても面白いのではないかと思ったりもしました。
10穴ハーモニカ(ブルースハープ)、クロマチックハーモニカ、複音ハーモニカ、その他のハーモニカのどれを選ぶか、どれが合っているかというのも性格的な傾向があるようにも思っていて、
総じて クロマチックハーモニカ、複音ハーモニカを選ぶ人は真面目で常識的な人が多いように、
10穴ハーモニカ(ブルースハープ)を選ぶ人は適当でいいかげん 個性を大事にする人が多いように感じています。(他の真面目で常識的な10穴ハーモニカ吹きの皆様ごめんなさい。)

おすすめの記事
■1章【1-2】新しい部活を作る意義、必要性のある人。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■1章【1-2】新しい部活を作る意義、必要性のある人。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
1章 ■ ハーモニカ部を作る(創る)まで 1-1 新しい部活を作るまでの流れ。 1-2 新しい部活を作る意義、必要性のある人。(現在このペー...