YouTubeの動画で偶然見る事が出来て知りました。
6歳の時点ですでにプロな実力で
「熊蜂の飛行」という"推定LV.99のFF5のビッグブリッヂの死闘"とどちらが難しいかも分からない超難曲を10穴ハーモニカで吹きこなすという( Tancy‘s music 2 というタイトルの動画で18秒くらい~吹いています。)、
まさに天才ハーモニカ少女といえる存在がいた事を今日まで知りませんでした。
ハーモニカ紳士はもちろん すでに負けています💦
そして さらには10穴だけでなくクロマチックまでも使いこなしています。

アジアハーモニカフェスティバルにも6歳の時点で出場していたようで、
ハーモニカ界の上層部の方々の間ではすでに有名な存在かもしれませんが、
我々フォーク層(folk:庶民、平民、一般の民という意味)のハーモニカ民たちの間ではまだ知らない人のほうが多いのではと思い、
こちらで紹介させていただきました。

動画以外の情報は得られず 中国の人なのか、または香港、台湾の人か、はたまたそれ以外の中国語圏の人なのかまでは分かりませんでしたが
今後ハーモニカ界での さらなる活躍を陰ながら応援したいと思います。

 

おすすめの記事
■2章【2-5】学校の部活(クラブ活動)に入っている人と入っていない人の立場の差。社会人の感覚と似ている。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■2章【2-5】学校の部活(クラブ活動)に入っている人と入っていない人の立場の差。社会人の感覚と似ている。 [~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
☆目次・概要ページはこちら☆ 2章 ■ 部活、クラブを作る、部活として活動する意味、目的 2-1 部活、クラブを作る、活動する意味、目的。メ...