車旅やその他の旅や登山での"洗濯前の衣類"の保存の強すぎる味方「驚異の防臭袋 BOS (ボス) 」

「驚異の防臭袋 BOS (ボス) 」のメリット

・防臭力は、おそらく全ての袋において最高レベル。

・カサカサ音がしない。

・中身が見えるタイプと見えないタイプがあり、自分の用途に合わせて選べる。

旅先での洗濯は基本「コインランドリー」となる事が多いと思います。
旅のスタイルによって洗濯の頻度は、3~5日に1回だったり、
車旅だと衣類も多く積めるので1週間~10日に1回だったりします。

そんな中、その日に着た衣類の「洗濯する時までの保管方法」という点を考える事になります。
"スーパーのレジ袋"的なものが一番先に思い浮かぶと思います。
最初は自分もレジ袋を使っていましたが、レジ袋やポリ袋では完全ではなく、完璧に密封して結んでもわずかに におい漏れがある事に気付きました。
そして、車という ほぼ密室空間において約1週間分の"着用済み衣類"を安全に(衛生的な意味で)保管しておくにはどうすればよいかと考え、色々と探したところ、
「驚異の防臭袋 BOS (ボス) 」の存在を知るに至り、
類似商品もいくつかありましたが、この製品が一番信頼出来そうに思い、使い始める事にしました。

実際に利用してきた経験から、その実力は「完璧」といえるもので必須アイテムとなっています。
一度 もの凄く においの強いもので
「レジ袋4重 VS 驚異の防臭袋 BOS (ボス)1重」という実験をしてみましたが、
結果は、驚異の防臭袋 BOS (ボス)1重の圧勝でした。

普通のポリ袋などに比べるとやはり値段は高いですが、元々ポリ袋が1枚数円程度の物なので高いと言っても何とか許容範囲のレベルで、それでも十分使う価値のあるオススメな袋です。

「カサカサ音がしない」というのも大きなメリットで、袋自体も "分厚い・重い" という事はなく携帯性にも優れています。

20Lサイズ、LLサイズ、Lサイズ、Mサイズ、Sサイズ、SSサイズの順の大きさで、
衣類の場合は、実体験では LLサイズあたりが一番使いやすいです。
LLサイズは常時、その時々で他のサイズも車に置いておくように、リュックに入れておくようにしています。

 

 

おすすめの記事
ハーモニカ不動産 #011 東京のゲストハウスが意外にも1泊1000円~1500円で 泊まれる事により、ちょっと1ヵ月だけなら「3~4万円」で東京で暮らせる (過ごせる)可能性。 Booking.com
ハーモニカと練習場所、住環境、賃貸、別荘、空き家、不動産
ハーモニカ不動産 #011 東京のゲストハウスが意外にも1泊1000円~1500円で 泊まれる事により、ちょっと1ヵ月だけなら「3~4万円」で東京で暮らせる (過ごせる)可能性。 Booking.com
宿泊施設の相場については、意外と都心ほど安かったりします。 おそらく需要と供給のバランスで、ゲストハウス、宿泊施設の激増よる価格低下ではない...