ハーモニカと新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスが日本でも猛威をふるっているという状況にいよいよ なってきてしまいました。

「ハーモニカを吹いている人たち」側の視点から考える新型コロナウイルス対策としては、
「ハーモニカ練習を一気に頑張りすぎない」
という事だと思います。

ハーモニカ紳士の経験から考えると、
一生懸命ハーモニカ練習を頑張りすぎた 翌日~数日後に、"かなりの高確率で体調を崩す"という法則があります。
しかも 特に "喉~肺にかけて受けたダメージによる風邪のような症状" という、
今回のウイルスの重症化を 自らうながすような事になってしまいます。
すでに体調が弱っているタイミングでにウイルスに感染するというのが一番危険で、
もしこのような状態で新型コロナウイルスに感染してしまったら、かなり危険です。

なのでハーモニカ練習は、
一気に1日で長時間練習をせず、毎日継続的に「ほどほど」という形でとどめておくのが良いと思います。
具体的には、合計の練習時間が同じでも 「週に1回:7時間練習ではなく、毎日:1時間」というような形です。
全く吹かないのは肺機能を弱めてしまうような気もするので、やはり「ほどほど」という形が良さそうです。
「週に1回:7時間練習でなく 毎日:1時間」を "ハーモニカの練習" から "ジョギング&ウォーキング" に置き換えて考えてみると分かりやすいかもしれません。

また、30分~1時間でも一生懸命吹いていると
特に肺~喉元の位置の肌にかけて結構汗をかくので、
汗をかいていると感じた場合は練習が終わったら すぐにTシャツ(上の肌着)を変えた方が良いです。
濡れたまま放置すると冷えて体調の悪化に繋がりやすいためです。

あとは通常の風邪、インフルエンザ予防の時と同じように マスクや手洗い、うがい、アレルブロック、アレルシャットなどのスプレーなどで 感染確率を下げる事と、
体調を良好な状態に保って、感染したとしても無症状で済む免疫力を保っておく という事になると思います。

もし 新型コロナウイルスに感染して発症してしまった場合、
有効薬が開発されるまで、別のウイルス感染用の薬の有効性が証明されるまでは、
「薬で治すことが出来ない=自分の免疫力、体力、栄養などで治すしかない」
という事になります。

万一 新型コロナウイルスの症状が出てしまった場合は、
とにかく「栄養」と「暖かい環境」,「快適な環境」が重要で、
食欲が全くなく食べられない場合は可能な限り最大限の量の「栄養の点滴」をする事が
一番回復につながると、
過去の別のウイルスの事例から 個人的には予想しています。


↑ディスカウントドラッグ コスモスの店員さんが教えてくれた免疫力を整えるタイプの花粉症薬↓

おすすめの記事
「マイナンバーカード」と健康保険証が統一される事に。運転免許証ともいずれ統一される。おそらく パスポートや クレジットカード、銀行のカード、ポイントカードなどとも統一される日がいつか来るとボクは思います。そして、遠い未来には、それら全てがデータのみでやりとりされ、スマホのアプリやそれに代わる何かでの使用が可能になる日がくると思います。
予想、予測、予知、予言、未来予測、仮説
「マイナンバーカード」と健康保険証が統一される事に。運転免許証ともいずれ統一される。おそらく パスポートや クレジットカード、銀行のカード、ポイントカードなどとも統一される日がいつか来るとボクは思います。そして、遠い未来には、それら全てがデータのみでやりとりされ、スマホのアプリやそれに代わる何かでの使用が可能になる日がくると思います。
皆さん、マイナンバーカード(個人番号カード)は作られたでしょうか? ハーモニカ紳士は仕事の関係で作る必要が出てきたのと、紙の書類ではなくイン...