ようやくとなりますが、5月の 北海道旅 のまとめです。
あえて 事前の宿泊先、レンタカー、帰りの飛行機の予約は無しの完全ノープランで、「旅行」ではなく「旅」がしたいと思い立って出かけた記録と、今回学んだ教訓です。
ちなみに後で計算した今回の北海道旅の出費の合計額は、航空券も含めて、16日間で約22万円・・という中々お財布に痛い結果でした。

【北海道旅~移動ルート~】


札幌、小樽や函館などの街が一番良かったという人、旭山動物園やラベンダー畑が一番良かったという人、様々だと思いますが、
UP主が今回の北海道滞在で個人的に一番魅力を感じたスポットを3つを上げるとしたら下記の3つになりました。
神の子池、青い池、硫黄山も良かったのですが、やはり広大な大地を感じる場所に一番の魅力を感じました。

☆その他の北海道の写真はこちら☆彡


・エヌサカ線

・釧路湿原

・美瑛の田園風景
 


~北海道旅で気付いた事、学んだ教訓~

・【フットパス】
「フットパス」とは、イギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】』のことです。(日本フットパス協会より)
稚内で「稚内フットパス」と紹介されていて、「フットパス」という言葉を初めて知りました。あいにくの雨で稚内のフットパスは体験できなかったのが残念。
森林や田園地帯、山、草原、田舎道 を歩いている時 とても癒されると感じていたのはまさにこの「フットパス」という事だったのか、自分の求めているものを一言で表すとまさにこの「フットパス」だったのだと気付かせてもらえました。もし稚内フットパスを歩いていたら上記の3スポットに食い込んでいたかもしれません。

・【3日分の着替えを持っていれば、そのループでエンドレスで旅が続けられる。荷物の総量は25Lのリュックと肩掛けかばん(ノートPC、一眼カメラ含む)】
2泊3日 or 3泊4日あたりの旅行の荷物と、それ以上の日程の旅行の荷物の量(7泊8日や2週間~1ヵ月)ほとんど変わらない。
宿泊先(ゲストハウスや民宿、ホテル)で、2~3日ごとに洗濯する。乾燥機があればその場で乾燥もできるのでベスト、というよりは乾燥機がないと一晩で乾かない可能性もあるのでキツイ。宿泊先で洗濯機、乾燥機がなく、着替えがなくなった場合はコインランドリーを探す。または靴下、下着は100円ショップや普通のお店で購入する。

・【5月中旬は北海道の旅行者が少ない時期。7、8月がピーク】
花はほとんど咲いていない。草木もまだ青々としていない。
聞いた話では7,8月の北海道の混雑ぶりは半端ないらしく、逆にどこの施設も全く混雑、渋滞などもないのでチャンスでもある時期との事。

・【北海道は本州 -2ヵ月くらいの気温】
北海道の5月中旬は本州の3月下旬くらいの気温。ちょうど桜が咲いている時期であった。

・【北海道へは本州から車では行けない】
車でも行けるというイメージだった 青函トンネル は新幹線のみ。自分の車で北海道へ行くときはフェリーが必要。なのでよほど長期でない限り飛行機一択となりそうである。

・【格安航空券が安い。航空券探しは、「スカイチケット」が便利。】
5月は北海道の旅行者が一番少ない時期という事もあって、中部~千歳、羽田~千歳など、4900円~1万円くらいで購入可能。
「スカイチケット」というサイトがカレンダー形式で価格を一覧で見れるので便利。スカチケット経由で予約すると手数料分若干高くなるので、
スカイチケットで調べて、実際の航空券の予約はその航空会社のサイト(ジェットスターやスカイマーク、バニラ、ピーチ)でするという形が良い。

・【レンタカーはワンズレンタカーで1週間約2万円と安い(実際利用)。1ヵ月の場合5~6万円で借りられるところがいくつかある。】
車種などは決められなかったので、もしかしたらボロボロの車という可能性も・・とある程度覚悟を決めていたけれど、ごくごく「普通」の状態の普通車であった(日産ティーダ)。

・【札幌はゲストハウスが乱立で安い&超最新な設備のゲストハウスもある】
札幌は、2500円~3000円と、とても安価で宿泊が出来た。アパホテルも3500円であった。都市部はゲストハウスが安い傾向(?)。逆に都市部から外れると、4000円くらいが相場だったり、ホテル(6500円)しかなかったりという事もあった。
ちなみに札幌のゲストハウスでは、HOTEL POTMUM(ポットマム) というところが、一番快適であった。もはやゲストハウスとはまた違う宿泊施設という最先端な感じであった。シャワーが天井から出てくる、これまでに体験した事のない最新式のものであった。

・【宿泊先探しは「Booking.com」(ブッキングドットコム)が一番便利】
Booking.comは、最初から最終的な支払総額で表示してくれてあるのでシンプル、明瞭でとても分かりやすく、利用者に親切なサイト。サイトの作りもとても見やすいと感じる。
当日、当日深夜でも予約が可能なところも多く、とても助かる場面もあった。北海道旅15泊中14泊はBooking.com利用、1泊はトリバゴ経由の「アゴダ」利用。
Airbnbは料金表示がとてもややこしく、最終的な支払い画面くらいまで進まないと支払い総額が分からないかつ、その段階で一気に価格が上がる事も多く、調べるのに手間・時間がかかりすぎて利用者に不親切と言える。よっぽど滞在地で宿泊先が無い時、こだわりの宿泊先を探す時にのみ使用するという形が吉。

仕事のうちパソコンを使う割合が6割くらいで、北海道滞在中も進めようという計画だったのですが、
やはり1日移動して観光してとなると、夜は疲れて寝るのみで当初の予定通りにはいかず、仕事は大変滞った結果となりました。
特に後半はもうやめようと北海道のほうに集中していました。

旅先で、同じ一人旅の人や、ゲストハウスのスタッフの人、宿泊者と、同性・異性問わず話す機会も多くあり、機会には恵まれたほうだったと思うのですが、
話のタイミングが合わずもっと話しておけばよかった、せめて名刺を渡しておけばよかったと後悔する事も多々。
また海外の旅行者、一人旅の人も多く、札幌の宿泊先では半分かそれ以上でした。海外の人とも少し話しましたがやはり英語が出来ず片言で少し話す程度で、英語が話せるようになりたいと感じました。
これまでの経験からすると、一人旅に出かけて、同じく一人旅の異性と出会うという確率は低いように見えて、実は高い、ともすれば極めて高いとも言えるかもしれない・・というのがハーモニカ紳士的の生データです。そう、単純に出会うまでの確率は高い・・けれどそこからどうするかは自分次第・・。

ハーモニカについては、一度ゲストハウスを出る時にオーナー夫妻と話していた時に話の流れでマウスマーチを少しだけ吹き、
しかもミスするという何とも言えない感じでしたがそれもまた一興🍵

それら諸々含めて、次に生かしていきたいと思った今回の北海道旅でした🗾

おすすめの記事