ハーモニカを吹く人の男女比は男性の方が多く、
クロマチックハーモニカは女性の割合も多いような気(4割くらい?)もするのですが、
特にブルースハープとなると、男女比は9:1、もしかしたらそれより少ないのではないかと感じています。

クロマチックハーモニカはどこか高貴なイメージもあり、同じハーモニカを吹くならと、女性に選ばれる理由も分かるような気もします。
ブルースハープについてはその点に欠けるというか何というか・・女性に選ばれづらい傾向があるように思います。

記事のタイトルは、
「森ガール、山ガール、ハーモニカガール。」 「メガネ女子、サブカル女子、ハーモニカ女子。」
と語呂よく3拍子揃えたもので、
「森ガール×山ガール×ハーモニカガール」 「メガネ女子×サブカル女子×ハーモニカ女子」
と表記するのも良さそうに感じています。
「眼鏡女子、カメラ女子、ハーモニカ女子」でもしっくりくるように思っています。
それぞれ属性的に近いものも感じる、ハーモニカ紳士の好みの属性でもあり、好みという男性も多い属性だと思っています。

ハーモニカ(ブルースハープ)女子がどうやったら増えてくれるのか、日々考えているのですが
AKBなどのアイドルグループ、女性アイドル、有名な女優、著名な女性、がブルースハープを吹いてくれたら ブルースハープをやってみたいという女性が増える気もしています。

~女子、~ガールという言葉が流行していくように、
ハーモニカ女子、ハーモニカガールという言葉が流行する日を望みつつ、何か良い案がないか考えていきたいと思います。

こちらがYouTubeにUPする動画も もう少し女性受けする感じにしなければ・・・

おすすめの記事