最近話題の「香水」(瑛人)の動画を見ていた時に関連動画で表示されていて何となく聴いたのきっかけだったのですが
久しぶりに とても心に刺さった曲でここ数日リピートして聴いています。
全体の歌詞もですが Aメロのメロディーで特に泣けてしまいます。
2番の「別の人の彼女になったよ」の「よ」の音が上がる部分も、切ない風に吹かれて遠くにいってしまうような感覚を受けてツボです。「それでもこの人と今後も寄り添っていく」からこその心境の言葉なのだと個人的に解釈しています。

この曲を聴いて以来、「別の人の彼女になったよ」ではないですが、「結婚することになったよ」という知らせをもらった時の思い出が強くよみがえってきて 今現在気持ちがかなり過去にいってしまっています。

1年以上前の、そしてここまでのヒット曲を今日まで知らなかった事を恥じるべきなのかもしれないですが 知れて本当に良かったと思うと同時に、この曲のようにきっとまだ出会っていない「自信に刺さる曲」がまだいくつもあると思い、今後も偶然の出会いを待ったり、疲れない程度に自らやみくもに聴いていったり目星を付けて聴いていったりして 探していこうと思います。

吉澤嘉代子の「残ってる」も然り "SHISHAMO"の曲や"奥華子"の曲など、歌詞に登場する女性が「決してモテるタイプではない女性」なイメージが浮かぶ曲に惹かれる傾向があるハーモニカ紳士です。

「香水」の1番、2番ともにBメロと、2番のAメロも刺さっています。
名曲と感じる曲でサビよりも Aメロが心に刺さる事が多い傾向があるのは自分だけでしょうか。

おすすめの記事
■1章【1-3】【1-4】ハーモニカでなくても構わない。/ 全ての部活動は、最初は何もない所からの「創部」という形で始まった。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
ハーモニカ と学校生活、学校教育、部活、クラブ、サークル
■1章【1-3】【1-4】ハーモニカでなくても構わない。/ 全ての部活動は、最初は何もない所からの「創部」という形で始まった。[~入りたい部活がないなら作ってしまえ~ (☆中学校・高校で「ハーモニカ部」を作るための説明書 ☆(創部)]
1章 ■ ハーモニカ部を作る(創る)まで 1-1 新しい部活を作るまでの流れ。 1-2 新しい部活を作る意義、必要性のある人。 1-3 ハー...